犬好きか猫好きか見分ける方法

私は、人が犬好きか猫好きかを見分けることができます。
見分け方は簡単、顔を見るだけ。
長年の研究の末に発見したのですが、人は好きな動物に徐々に顔が似ていくのです。
つまり犬好きの人は犬っぽい顔の人が多く、猫の場合も同じ。
大の猫好きで知られる女優の川上麻衣子さんなんかはわかりやすいですね。
反対に犬派の人の顔を見ると、やっぱりどこか犬っぽいんです。
目と口元に特徴が現れますね。
飼い主とペットがソックリというパターンは珍しくありませんが、それと同じようなことなのかもしれません。
自分に似ているから惹かれるのでしょう。
そんな私は動物の中で鳥と爬虫類が大好き。
ということはつまり、私の顔は…?

グリスリンの不妊治療

不妊治療がストレスになるくらいなら休む選択もアリ
ストレスは不妊治療の妨げになってしまうといっても過言ではない程、不妊症にとっては天敵ともいえる存在です。

その為、不妊治療にストレスを感じながら挑んでいても良い結果が出るかといえばそう簡単でもありません。
しかし、ストレスを感じていたとしても良い結果が出ないというわけでもないのです。
ストレスを感じつつもしっかりと良い結果を出すことができる場合もあるのです。

不妊治療をすることでストレスを感じてしまい、その結果不妊の症状を緩和できない場合もあるのです。
そこで、やはり効果的な方法としては、治療を休む、ということです。
一度治療を休むというのも1つの選択肢として視野に入れてみるようにしましょう。

不妊治療を休んでしまうとこれまでの治療が無駄になってしまうのではないか…
そのように不安を感じてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
むしろ不妊治療によるストレスを一旦リセットするうえでも効果的です。

また、グリスリンも不妊治療においてはある程度の評価がされています。
グリスリンを摂取しつつ、なおかつ精神的なストレスを緩和させることが不妊の症状を緩和するうえで効果的なのではないでしょうか。

急激な血糖値の上昇を防ぐ習慣を付ける

糖尿病を予防する上で、日常的に糖分を排除することは確かに重要なポイントですが、完全排除を実現させるのは大変に難しいことです。
また、糖質を完全にオフにしてしまうなど、やり過ぎも禁物と言えます。
ただそうなると、どこまでが良くてどこからが危険なのか判断がつかなくなる方が大半かと思います。
後にも記しますが、具体的に血糖値を数値化し判断するためには、血糖値測定器を用いるのが非常に便利です。
ですがここではまず、急激な血糖値の上昇を避けるための日常的な習慣の工夫について記していきましょう。
ブドウ糖がいくら身体を傷つける可能性があると言っても、インスリンが正常に働きかけていれば、糖の摂取も大した問題ではありません。
インスリンがしっかりと働きかけ、ブドウ糖が体内で幅を利かせるような状態にさえならなければ良いのです。
ですが、急激にブドウ糖が増加することがあるとインスリンも焦ってフルパワーに活動することになり、正常な働きかけ自体が難しいものになってしまいます。
だからこそ、急激に血糖値を上げるような生活習慣は意識的に改善する必要があるのです。
急激な血糖値の上昇を抑えるとなると、日頃の食事の仕方には意識を向けることが大切です。
例えば、炭水化物を先に口にしてしまうと、血糖値はグンと上昇する結果となります。
これはブドウ糖の吸収が急激に行われてしまうためです。
この状態を回避するためには、先に野菜を口にするようにし、肉や魚といったタンパク質や脂肪を入れてから、そのあとで炭水化物を摂るようにします。
また食べ物はよく噛み、時間をかけて食べるようにすることでも、血糖値の上昇は緩やかなものになり、身体への負担を軽くすることができます。
こうした工夫は、習慣的についつい早食い、大食いしてしまう、お米からがっつり食べてしまう…といった方にとっては厳しい制限かもしれませんが、食べてはいけない!という制限がかけられる訳ではありませんので、少しの意識から身体に負担のかかる習慣を改善していきましょう。
また、なかなか習慣を断ち切ることができないといった方の場合は、ドクターズチョイス社の「フェーズ2プラス」といった炭水化物の吸収を抑えるサプリメントの活用を考えてみるものお勧めです。
こうしたサプリメントは飲むだけで、ある程度血糖値の急激な上昇を抑えることができますので、血糖値コントロールに役立てられるでしょう。
また食後、軽い運動を20分〜30分程度行うことでも、血糖値の上昇を緩やかにすることができると言われています。
食べている間にも血糖値は上がるものですが、最も血糖値が上がるとされているのは食後のタイミングです。
つまりはこのタイミングをどう過ごすかによって、身体にかかる負担が大きく変わるということになります。
食後に運動をすることは難しいといった環境にある場合は、血糖値を下げる生薬配合の「血糖値コントロールティー」などを食後に飲む選択をするのも良いでしょう。
当然ではありますが、サプリメントやお茶といったアイテムに便り過ぎることなく、自分自身の力で血糖値コントロールができるようになれることが理想ですので、少しの意識や工夫から生活習慣を見直していきましょう。

犬のオスとメスの性格の違いとは?

犬にはオスとメスで若干の性格の違いがあるようです。
一緒にたくさん走り回ったりして遊びたいという方は、オスの方が向いています。
反対に落ち着いた性格の犬が良いという場合には、メスの方が向いているようです。
また、オスの場合は去勢するかどうか、メスの場合は避妊するかどうかで変わってきますね。
あくまで手術であり体にメスを入れることになるので、去勢や避妊は強制というわけではありません。
ただ手術しないことでどのような問題が出てくるのかは、しっかり調べておく必要があります。
また、メスの場合は避妊しないことで特有の病気にかかってしまうこともあるようです。
しっかりと犬について勉強することが大事ですね。

毎日が楽しい!

定年を迎えてから、健康のために毎日ウォーキングをするようになりました。
自宅から近いところに広い公園があるので、自宅から毎日その公園へウォーキングをしながら通いました。
しかし、毎日のウォーキングを始めてから数年たった頃から、膝関節が痛むようになってきました。
ウォーキングといっても毎日1時間くらいなので、無理な運動をしているとは思いませんでした。
日々の生活に必要な膝の屈伸はできますが、ウォーキングはしばらく休むことにしました。
そこで、関節の動きの改善のためにグルコサミンのサプリメントが良いと聞いたことがあったので、試してみることにしました。
毎日グルコサミンのサプリメントを飲むだけなら、すぐに飽きてしまう自分にも続けられるような気がしました。
さっそく購入して飲みながら、ウォーキングを少しずつ再開してみることにしました。
最初は15分くらいからウォーキングを始めましたが、膝関節の痛みはやはり感じました。
それからグルコサミンのサプリメントを飲み続けていくうちに、膝関節の痛みが和らいでいくのを感じるようになりました。
今では毎日1時間のウォーキングもできるようになり、以前のように毎日楽しく過ごせるようになりました。

グルコサミンサプリ

難病治療に便移植の研究が行われている

アレルギー、肥満、やせ、がん、糖尿病、うつ、認知症、アンチエイジングなど現代人の健康問題に大きく関わっているのが腸内フローラです。

腸内フローラとは、人の腸内の様相です。
人の腸内には、100種類以上、約100兆個の腸内菌が住みついており、腸内の壁面に種類ごとにまとまりを作ってびっしりとくっついています。この様相が花畑に例えられ、このように呼ばれているのです。
腸内フローラは人によって全く違います。
生活習慣や年齢などによって変化し、善玉菌が優勢になったり悪玉菌が優勢になったりします。

潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管型ベーチェット病気などの難病は、腸内細菌に異常による疾病です。
こうした腸の難病を治すために研究されているのが便移植です。
これは、健康な人の便を患者の大腸に移植するのです。
健康な人の便は細菌のバランスが良いので、それを患者に移植することで腸内フローラを整えるということです。

米国では、便移植により重症な大腸炎の治療に成功したとの報告もあります。
日本では2014年に、慶応義塾大学の金井教授により初めて臨床試験が行われました。
これから安全性が確立し、研究が進めば、便移植により様々な難病が治る可能性が出てくるでしょう。

腸内フローラ改善で病気に勝つ!

現代社会では、腸が原因とされる病気にかかる人が急速に増加してきています。これは、添加物の多い食品を摂取する機会が増えたことや、不規則な食習慣、ストレスなどによって、日本人の腸内細菌が減少していることが挙げられます。腸内細菌が減って腸内フローラのバランスが崩れることによって、さまざまな病気が引き起こされます。
体内の免疫力が急激に低下して、アトピーや喘息、花粉症などのアレルギー疾患や、重大ながんを発症することもあります。病気に勝つためには、腸内フローラを改善することが大切なのです。そのためには、食事や適度な運動、ストレス対策が不可欠です。特に、食べ物の選び方が重要で、食物繊維、発酵食品、オリゴ糖をバランス良く普段の生活に取り入れることによって、腸内フローラを改善に導きます。
食物繊維は、善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やす働きがあり、野菜や海藻類に含まれています。納豆や味噌、チーズなどの発酵食品は、善玉菌を活性化する役割があります。さらに、大豆やバナナ、玉ねぎなどに含まれるオリゴ糖は、大腸まで達してビフィズス菌のエサになってくれます。
このように、日常生活において腸内フローラを改善出来るよう心がけることによって、あらゆる疾患に対する免疫力を高めることが重要なのです。

目の疲れは放置するな:眼精疲労の症状

目の疲れが溜まると眼精疲労といって身体に様々な症状を引き起こします。例えば代表的なものといえば目の痛みが有名です。目の奥からずきずきと強い痛みを感じ、かすみや目のごろつき、まぶたの重さを同時に感じることもあります。これは目を酷使する事によって周辺の筋肉凝り固まってしまい、血液の流れが悪くなることが原因で起こります。特にスマホやパソコンなど同じ距離ばかりを見続けていると筋肉が強張りやすくなって不快な症状を感じやすいため、定期的に休息をとって体を休めることが大切となります。遠くを眺めたり、ホットタオルで目の周辺を温めると良いでしょう。
また、肩こりや頭痛、吐き気などが気になるときも眼精疲労が疑われます。この場合も目の疲れを解消することで改善していくことが出来るため、身体のストレッチをするのはもちろん目の休憩を取ることも重要です。
更に目の疲れが酷いと夜なかなか寝付けなかったり、睡眠時間を確保しても倦怠感を感じることがあります。そのため不眠の症状や身体の疲れ、精神的なイライラなどを感じやすいときには眼精疲労の可能性があるため、パソコンやスマホの利用を少し控えるなどの対策を積極的に講じると良いでしょう。

大人ニキビの原因が眼精疲労の場合も

現代社会では、子供からお年寄りまでさまざまなストレスにさらされています。職場の人間関係や家事育児の疲れなどによって、強いストレスを感じている人が急増してきているのです。女性の中には、あごや口周りなどに、繰り返ししつこく大人ニキビができてしまう人も多く見られます。大人ニキビの原因として最も多いのが、ストレスやホルモンバランスの乱れです。その他にも意外な原因が挙げられます。
それは、眼精疲労によって大人ニキビが引き起こされている点です。スマートフォンやパソコンなどの電子機器を長時間見つめていることで目の筋肉が緊張状態となり、目のかすみや痛みなどを訴える人も増えています。眼精疲労により血行が悪くなると必要な栄養や酸素が不足してしまい、肌の新陳代謝が鈍ります。すると、老廃物がいつまでも排出されずに毛穴が詰まり、ニキビを引き起こすのです。
さらに、色素沈着してしまったニキビ跡の改善を妨げているのが、眼精疲労なのです。目の角質が傷つくとシステインという成分が角質を補修しています。しかし、システインは目だけではなく、肌や髪、爪などのターンオーバーを促進しています。そのため、眼精疲労が色素沈着であるニキビ跡の回復を遅らせる原因となっているのです。

脱毛サロンで脱毛すると美肌になれちゃう

初めて脱毛サロンで脱毛をしてもらった時に、感動したのが肌触りが全然違うということ。
施術前はあまり肌が潤っている感じがしなかったのですが、施術後は吸いつくようなモチモチとした肌になりました。
そしてその状態が一ヵ月くらい続くんです。
一ヵ月経ったらまた脱毛サロンに脱毛しに行くので、ずっとモチモチ肌が続くというわけですね。
エステオリジナルの美容液があるみたいで、施術後にその美容液を塗ってくれるんです。
普通に買うと高いですが、脱毛プランを契約していれば無料で塗布してくれるのでお得。
脱毛サロンの脱毛は美肌効果もあるのが嬉しいですね。
特に乾燥しやすい冬の季節にエステのケアが受けられるのはありがたいです。